盛岡心理カウンセリング・ハミングバード

ハミングバードは、心理療法カウンセリングのセラピールームです

お問合せ: 019-681-2268 (完全予約制です。多忙につき、お電話に出られないことが多くご迷惑をおかけします。ご予約の際は、留守電にご連絡先を残していただくか下記お問い合わせフォームよりメールでご連絡ください。)☆営業時間:9時~18時(不定休)

ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

自分と一緒にいる時間をもつ

「ひとりでいる時に、自分自身と一緒にいて心地よくない人は、自分の不安をおおいかくすために、人とのつながりを求めるようになります。そうすると、交流するうちに、不安がなんらかのかたちで表面化してくるようになります。しかも、たいていはそれを相手のせいにするものです。」

これは、「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」(飯田史彦監修 エックハルト・トール著 あさりみちこ訳 徳間書店)の中の一文ですが、とても真理をついていると思い、引用しました。

こういう人は、自分の本当の気持ちを見ることが怖いので、静かな時間をもつことを恐れ、いつも何かで意識を埋めようとします。誰かと一緒にいることで、意識をそらそうとすると、対人依存になります。

一人静かな時をもつと、自分の本心が浮上してきやすくなります。本当は、例えそれが痛みを伴う感情や思いであったとしても、それは心を正しい方向に保つために必要不可欠なので、一人になり、自分自身と一緒にいる時間をもつことはとても大切なのです。それをしないということは、結果として、心は乱れ、意識の混乱を招くことになります。正しい方向を示してくれる道しるべを見ようとしなければ、道に迷うのと同じです。

そうすると、自分の中にある不安を見ないために、対人関係において、関わった相手に自分の中の未消化の気持ちを投影するようになってしまいます。その結果、不満を抱きやすくなり、悪いことは相手のせい、というスタンスにもなりやすくなるでしょう。

意識の焦点が概して他者にあり、ずっと相手に対する不平不満を言っていて、かたくなに自分の深いところにある気持ちに目を向けたがらない人は、残念ながら、カウンセリングを受けても、なかなか効果が現れません。カウンセリングというのは、今、幸せでない原因を、自分自身の中に見つけて、自分が変わることを目的とするものですが、他人の悪いところだけを見て、他人のありかたを変えようとしている限りは、うまくいきません。当然、それをしている限りは、人との関りで、うまくいかない、苦痛な関係が続いてしまいます。

自分自身と一緒にいるための静かな時間は、本来は怖いものなどではなく、とても心地いいものです。それが怖いという人は、試しにやってみればいいと思います。ずっと自分から気持ちをそらしてきた人は、初めのうち、たくさんの思いや感情が出てきて、圧倒されるように思うかもしれませんが、それはずっとは続きません。でてきた思いや気持ちをただ眺めて、認めてあげると、それはいずれ、必ず消えて行ってしまうからです。それらが出ていくと、穏やかで、静かで、満たされた感覚が訪れます。

自分自身とよい関係ができていると、人との関係もうまくいくものです。逆に言うと、自分との関係がよくない人は、人を回避して孤独に陥ったり、共依存になったりして、うまく人と関わることができないでしょう。心のバランスが乱れがちな人は、一日2~3分でいいので、携帯を見たり、人と話したり、ネットを見たり、忙しく頭を働かせて過去や未来のことを考えるのをやめて、静かにただ今の自分を感じる時間を持ってみるといいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あやうさを生きよ

老子の言葉で、いいなと思うものを引用します。

 

生きるためには、

ものごとの根源に立ち返り、

自らを、そのあやうさにゆだねればよい。

確かなものにしがみつこうとするから、

確かなものに頼ろうとするから、

あなた不安になってしまう。

あなたには、そのあやうさを生きる力が、与えられるというのに。

「Tao 老子の教え」 安富歩  ディスカバートゥェンティワン社 より

 

 

不安症の人は、予測不可能のものを嫌い、確かなものを求め、必死になる傾向があります。

でも、すべてが変化して形を変えていくこの世界では、確かなもの、ずっと続くものなんて何もないわけです。

例外のないルールなんてない。

すべては固定ではなく、あいまいで、一時的なもの。

それなのに、確かなものにしがみついて、安心しようとすると、それが形を変えたり、それを失ったりしたとき、よりどころがなくなって、心のバランスを欠くわけです。

あいまいなもの、今すぐははっきりしないこと、予期したのと違うものに、私たちは耐えうるし、それを受け入れたほうがが、ストレスなく生きられる。

水のように柔軟であれば強いという、老子の教えは、とても的を得ていると思います。

心の安定を保つコツ

心が容易に動揺しやすく、自己コントロールが難しい人は、朝、1日を始める前と、夜、1日を終える前に、数分間でよいので、心の静かさを感じる時を持つとよいでしょう。

そうすることで、日中、より、心の安定を保つのが容易になってくるはずです。

その場合、頭であれこれ考えるのをやめ、何かするのもやめて、ただ、静かに在ることが大切で、それができるなら、座っていても、あおむけに寝ていてもかまいません。

座るなら、背筋をまっすぐにし、肩の力を抜いてください。そうすることで、背骨を通っているエネルギーの流れが良くなります。寝るなら、あおむけで、両足、両手を少開く、ヨガでいうところの死体のポーズがよいと思います。

心を落ち着かせる簡単な方法の1つとして、キャンドルに火をつけ、ゆらぐ炎を、ただじっと眺めるのもいいと思います。部屋を暗くすると、炎が際立って、集中しやすいでしょう。

火には、余分なものを焼いて消滅させる力があります。雑多な思考が多すぎて混乱しているようなときは、すっきりするかもしれません。しばらく炎を眺めているうちに、気持ちが静かに落ち着いてくるのを感じるでしょう。

よかったらやってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臨時休業のお知らせ

勝手ながら、明日3月20日(火)より24日(土)まで、お休みさせていただきます。

その間いただいたお電話やお問い合わせメールのお返事は、25日(日)以降にさせていただきますので、ご了承くださいませ。

ご不便をおかけして申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。<(_ _)>

人とよい関りを持つ秘訣(2)

前回、自分自身との関係が、周囲と自分との関係にリンクするという話を書きましたが、その補足です。

自分を嫌って辛く当たっていると、虐待的な関係を招きやすくなります。

例えば、アメリカで会った、ある若い女性のクライアントさんの話ですが、彼女は、幼少期にお兄さんから、「お前はブスだ。醜い」とからかわれ続けて育ちました。それがとても心の傷になっていて、大きくなっても自分のことを醜いと固く信じていました。実際その人は、顔だちも美しく気品もあって、ブスどころか正反対だったのですが、醜形恐怖症になってしまっていて、人に見られたくないあまし外出もあまりできないくらい、自分に自信を失っていました。

この人は、以前つきあっていた彼がとても虐待的な人で、過激な暴力や破壊行為があり、カウンセリングをしていた当時は刑務所に入っていたのですが、出たら彼女を殺すと脅しており、実際にやりかねなかったので、彼女はとてもおびえていました。

この例は極端かもしれませんが、自分のことを愛さず、辛辣に扱っていると、同じように扱われる人間関係を引き寄せてしまいがちにはなるでしょう。典型的な共依存タイブであれば、ひどい相手であっても見捨てられず、例え自分がズタズタに傷ついても、自分を愛せない代わりに相手を愛して癒そうとするので、不健全な関係から抜け出せなくなってしまうことも多々あります。「大事な私を粗末に扱うような人とはつきあわない」と宣言できるくらい、自分を愛せるようになると、共依存関係に陥ったり、攻撃的な相手と引き合ったりはしなくなります。

結果的に、この人は、出所した元彼となんとか完全に切れて、本当に自分を愛してくれる人と巡り会い、幸せになっていました。心の優しい人だったので、幸せになってくれてよかったなと思います。