盛岡心理カウンセリング・ハミングバード

ハミングバードは、心理療法カウンセリングのセラピールームです

お問合せ: 019-681-2268 (完全予約制です。多忙につき、お電話に出られないことが多くご迷惑をおかけします。ご予約の際は、留守電にご連絡先を残していただくか下記お問い合わせフォームよりメールでご連絡ください。)☆営業時間:9時~18時(不定休)

12日

悪夢について

夢というのは潜在意識がつかさどるものです。

顕在意識で見たくないので、潜在意識に押し込めてしまったものが、夢で解放されるということはあると思います。

本来、表出されて解放されなければならないのに、本人がそれを拒否する場合、潜在意識は媒体として夢を使うというわけです。

PTSDの悪夢などはこれに当たると思います。潜在意識が癒しのためにやむなくとった妥協策といえるかもしれません。

アメリカに、ある男性のクライアントさんがいました。彼は、酒乱の父親による、自分と母親への暴力、幼児期の性的虐待、親友の自殺現場の目撃等、何重ものトラウマを経験し、躁うつ病、妄想性障害等、重度の精神障害を何十年にもわたって患っていました。

この人が心の痛みへの恐怖のあまり、トラウマの感情体験を抑圧しているのは明らかでした。彼は、セッションで過去のできごとについて話すときは淡々とよどみなく話すのですが、催眠療法士と提携し(私自身は催眠療法はやらないので)治療のために退行催眠をかけてもらうと、身もだえして苦悶の表情を浮かべ、過去を見ることを拒否するのでした。

彼はある時、とある聖地に一週間の巡礼の旅に出かけました。バックパックを背負い、徒歩で、テントに寝泊まりしながら、ひたすら歩き続けて聖地に赴いたのでした。途中で、色々な人に出会って助けられたり、不思議な経験をしたりするうちに、色々な感情が放出して、時々わけもなく涙が出ることもあったそうです。彼はバックパックにノートを一冊忍ばせて、自分の気持ちを見つめては、心に感じたことを日記に書きとめながら、旅をしました。

旅から帰った直後から、この男性は、何か月にもわたって、毎日のように、奇妙な夢を見るようになりました。いつも同じ夢で、体の中から、銀色の虫がたくさん出てくるという夢でした。

彼の精神状態は、旅に出る前と後では、大きく変化していました。うつ状態が軽減し、気分はより穏やかに安定していました。おそらく、日常を離れ、ただひたすら歩くという作業が、一種の瞑想として意識をクリアにする効果を及ぼし、かつ、色々な感情が湧き出るままに感じながら、自分と向き合う時間を持ったことで、気持ちが純化されたようでした。

奇妙な夢の正確な意味はわかりませんが、おそらく夢の中で今まで長年にわたって潜在意識に溜めこんだネガティブなものが解放され、浄化作用が起きたのではないかと思います。

ただ、悪夢で不要物が放出されたからといって、それだけで彼の症状が急に全快したということはありませんでした。セッションを何度も重ねるうちに、全体的には徐々に良くはなっていきましたが、やはり不安定になったり、鬱状態に戻ったりすることはよくありました。夢だけに頼らず、恐怖によるブロックを外して、過去と向き合うことが、やはり彼の癒しのプロセスには必要だったのだと思います。

特に精神障害があるわけではなく、悪夢をよく見るという人は、日ごろから、潜在意識にネガティブなものをため込まないよう心掛けたほうがいいと思います。

例えば、ニュースやゲームなどで残酷なシーンを見たり、インターネットで人の悪口が並べたてられているページを閲覧するのを控えて、不愉快なものに意識を集中する時間を減らす。一方で、心が落ち着く光景を見たり、心地よい音楽を聴いたり、優しい気持ちになれるものに触れたりする時間を多く持つ。こうして、潜在意識に、日ごろから心地よいものをたくさんインプットして貯金しておくことは、悪夢を減らすだけではなく、起きている時の気分を全体的に上向きにするのにも役立つように思います。

また、寝る前にゲームをしたり、ネットサーフィンをして、あふれる情報を処理させることにより、脳を酷使させるのも、眠りを浅くして、不愉快な明晰夢を見やすくするようです。寝る数時間前は、できれば頭を休めて、ゆったりと過ごすことをおすすめします。

 

 

IMG_5069