盛岡心理カウンセリング・ハミングバード

ハミングバードは、心理療法カウンセリングのセラピールームです

お問合せ: 019-681-2268 (完全予約制です。多忙につき、お電話に出られないことが多くご迷惑をおかけします。ご予約の際は、留守電にご連絡先を残していただくか下記お問い合わせフォームよりメールでご連絡ください。)☆営業時間:9時~18時(不定休)

10日

駄々こねに困らない子育てのコツ

公共の場で子どもに駄々をこねられると、本当に困りますよね。

例えば、お買い物の場面。店内に入った途端、お店の中を走り回ったり、あちこちの商品を触って歩いたり、床に落としてみたり、仕舞いには、「あれ欲しい。」「これ欲しい。」が始まります。「ダメよ。今日は無しね。」と言おうものなら、「ぎゃー!」とひっくり返る。お母さんがなだめても、言えば言うほど、泣き声は大きくなり、そこから動こうとしない。「あーあ、また始まった。」とお母さんの心の中は、どんより。

こんな感じでしょうか。

駄々こねは、言い換えれば、自己主張。大切な発達過程ではありますが、親としては頭の痛いところですね。

では、この大切な発達過程である駄々こねをどうしたら、良い方向に育てることができるでしょうか。

人が人の言うことを聞く時の気持ちについて考えてみましょう。

相手のことを信頼できて、言われていることが納得でき、そして、その人の期待に応えたいと気持ちが働いた時に、言うことを聞こうと思うのではないでしょうか。

つまりは、以下の3つの点を育てるつもりで、子どもと関われば良いのです。

まず、

一つ目は、その場面がどういう場面であるかを理解できる力

二つ目は、相手を信頼する心

三つ目は、期待に応えたいという心

次に、上記の力や心を育てるためのコツについてお話します。

一つ目の「場面を理解する力」については、

お買い物の場面を例とすると、おおよそ以下の内容について、あらかじめ子どもに伝えておきましょう。

1 ◯◯というお店に行くこと

2 お店はお買い物をするところであること

3 走ったり、大声を出してはいけないこと

4 子どもが買ってよいのは◯個までであること

5 商品を選ぶ時は、親の了解を得ること

6 買う時は、必ずレジを通らなければならないこと

7 レジを通るまで、商品を開けてはならないこと

お出かけの前に、一遍に伝えても、理解できないでしょうから、日頃の遊びの中で教えてあげると良いでしょう。

二つ目の「相手を信頼する心」については、

日頃から、良いことは良い、悪いことは悪いと、はっきりと子どもにわかるように伝えてあげましょう。そうすれば、どんな時に褒められ、どんな時に叱られるかがわかるので、子ども自身も行動しやすくなるでしょう。それは、同時に、親への信頼が厚くなることにつながります。

三つ目の「期待に応えたい心」については、

日頃から、望ましい行動をとった時は、すかさず褒めてあげましょう。年齢が低かったり、元々器用ではない子どもさんですと、期待通りの行動が取れない場合が多いので、どこを褒めたら良いのだろうと悩むこともあると思います。でも、子どもは、必ず努力します。その努力を見逃さずに褒めてあげてください。そうすれば、頑張ることの喜びと達成感を味わうでしょう。その経験が、人の期待に応えたいという心を育てるのです。

結局のところ、駄々をこねる場面で言い聞かせてもどうにかなるものではなく、日頃からの関わり方が大切であるというわけです。このようなことを少しでも意識していただくことで、駄々こねに困らない子育てができるようになります。

                                                                                                                           (佐々木智恵)