盛岡心理カウンセリング・ハミングバード

ハミングバードは、心理療法カウンセリングのセラピールームです

お問合せ: 019-681-2268 (完全予約制です。多忙につき、お電話に出られないことが多くご迷惑をおかけします。ご予約の際は、留守電にご連絡先を残していただくか下記お問い合わせフォームよりメールでご連絡ください。)☆営業時間:9時~18時(不定休)

コミュニケーションの極意

コミュニケーションの極意

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく、コニュニケーションが苦手で、人とうまく話せないという方がいらっしゃいます。

思ったことを伝えられなかったり、上手に返事ができなかったりという人たちを見ていると、ある共通点があります。

それは、「相手にどう思われるか」という意識が強すぎること。

コミュニケーションは「意思伝達」です。その神髄は自分の中に生まれた思いを、相手に伝えるということ。もし「人によく思われたい」という余計な思考が入りこまず、純粋に、自分の中に生まれた一種の衝動として感じられるエネルギーを伝えるならば、相手に最も効果的に伝わるものです。

それなのに、「自分が何を伝えたいか」ではなくて、「どうやったらよく思われるか」がコミュニケーションの動機になってしまうと、動機が不純なゆえに余計な思考が発生し、もともとあった「これを表現したい」という自分のエネルギーの発現を邪魔します。

「よく思われたい」という下心がなければ、直観とつながり、最適な言葉の選択やタイミングで表現することができるもの。今、それを言っていいかどうかも、自分の中の微妙な感覚に意識を向けることができれば、おのずとわかるものなのです。多すぎる思考は直観を感じ取ることを邪魔するので、あれこれ、ぐるぐる考えるけど、わからないという迷路にはまっていきます。

相手が話しているときも、「次になんて言おう」と意識を自分に向けるのではなく、ちゃんと集中して相手の話に耳を傾けていれば、相手が話し終わったとき、自然に自分の中に、最善のレスポンスが生まれるものです。もし何の反応も起きなければ、何も言わないのが最善の反応ということ。何もいうことが思い浮かばないのに、無理に頭で考えだした言葉を発するということは、自分の中の純粋なエネルギーとつながっていないゆえに、コミュニケーションを円滑にするどころか、阻害するということを覚えておいてください。

コミュニケーションは、頭ではなく感覚を大切を大切にすること。頭だけとつながったコミュニケーションは、表面的です。人を言いくるめたり惑わしたりすることはできても、人の心を打ちません。自分の純粋な感覚を感じ取りながら、それを素直に言葉に変えて相手に伝えるということを心がければ、自然と、目に見えないレベルで意義深い交流が起きて、お互いに発展的な関係を築くことができるようになると思います。

 

 

IMG_1266

 

 

« »