盛岡心理カウンセリング・ハミングバード

ハミングバードは、心理療法カウンセリングのセラピールームです

お問合せ: 019-681-2268 (完全予約制です。多忙につき、お電話に出られないことが多くご迷惑をおかけします。ご予約の際は、留守電にご連絡先を残していただくか下記お問い合わせフォームよりメールでご連絡ください。)☆営業時間:9時~18時(不定休)

09日

解離性障害について(その3)

(その2のつづきです。)解離性障害の症状は、一時的に、現実の辛さや痛みから逃避する自己防衛の手段となり、特に子供時代は、この症状に助けられて、なんとか生き延びることができたという人もいると思います。

反面、解離という逃避手段は、長い目で見ると、生きる上で様々な障害をもたらします。

まず、解離して体と魂がズレている状態だと、意識が100%肉体の中にないので、五感を通じて得られる信号が脳に伝わりにくくなります。そうなると、生き生きとした感覚を得ることができないので、生きる喜びも感じられなくなります。

また、そのとき体験すべき痛みの感情を棚上げにし、潜在意識に無理に押し込めてしまうので、伸ばし延ばしにした分、後で大変になります。抑圧された痛みが表出するとき、より強烈に感じなければならず、処理するのが困難になるからです。 平たく言うと、後でツケが回ってくるということです。

そして、その1で書いた、自分のしたことを覚えていないクライアントさんのように、記憶の欠落を伴うほどのひどい解離の場合、自分自身を放棄して、別の存在に明け渡してしまう=自分の人生を自分でコントロールすることを放棄する、という無責任な状態になります。その結果、人間関係や社会的機能に支障をきたしたとしても、別の人格は責任を取ってくれません。結局は自分で後始末をするしかなく、最終的に、自分の人生がより混乱し苦痛が増えてしまうことになります。

実際、非常に辛かった過去のことを、あまり記憶していないという人は、後にうつ病や不安障害その他の精神障害を発症する人が多く、いつか、フタをしてやり過ごした過去に立ち戻って癒やさなければ、前に進めなくなるというときがくるようです。

では、解離障害はどうやって治したらいいのでしょうか。

私の考えでは、解離障害はたいていトラウマが原因で起こるものなので、トラウマを癒やすということ大前提です。これはある程度時間がかかるので、クライアントのペースを尊重しながら、人それぞれに合ったやり方で行います。

それと同時に、もっと即効性のある処置方法として、解離して体からズレてしまいがちな意識を、自分の意思で肉体に戻す方法を実践してもらいます。これは一つだけではなく、いくつかあります。

例えば、基本的なのは呼吸法。呼吸というのは、体と魂をつなぎとめておく大切なツールです。呼吸に意識を向けている間は、人の意識は肉体の中にとどまっています。なので、深くゆったり呼吸してもらい、息を吸ったり吐いたりするとき、鼻孔やのどの奥を空気が通るのを感じ、呼吸に意識を集中する。こうするだけでも、解離を防ぐことができます。

あとは、五感のどれかに意識を集中するという方法も、よく試してもらいます。人は五感を通じて現実を認識するので、意識を肉体に戻し、現実にとどめておくには、意識的に五感を感じるということが有効な手段となります。例えば、ストレスを感じて、魂と肉体のつながりがゆるくなり、意識が希薄になりかけているクライアントさんには、彼女が好きなペパーミントの香りのオイルを渡して、その香りを深く吸い込み、意識を集中してもらう。あるいは、彼女が好きな音楽をかけ、目を閉じて音に集中してもらう。そうすると、解離しかけた意識を現実に戻すことが可能です。

禅から発生したマインドフルネスという手法があって、これは意識を「今、ここ」に置くというやり方なのですが、マインドフルネスは、心理療法でも、鬱や不安、境界線パーソナリティ障害等に使われています。このマインドフルネスは、解離障害にもとても効果的な手法だと思います。例えば、一歩一歩、足の裏が地面にふれる感覚を感じながらゆっくり歩く(マインドフルウォーキング)とか、香や味、色、においまで意識しながら食べる、等、五感をフルに使い、「今、ここ」にフォーカスして日常の所作を行うことは、意識を肉体にしっかりつなぎとめ、現実に根差して生きることにつながり、解離傾向を改善するのに大いに役立ちます。

魂と肉体がしっかりつながっていて、意識が肉体に100%在る状態であるときは、意識がクリアになり、見えるものが色鮮やかに映る、安定した感じがする、活力ややる気が増して、思ったことをすぐに行動に移せるようになる、等の現象が起きてきます。これはいわゆるグラウンディングできている(地に足がついている)状態です。上記にあげた方法は、すべて、グラウンディングを促すためのスキルです。

トラウマの癒しとグラウンディングの実践、この2つの同時進行が、解離性障害を改善するカギになると、私は思います。解離しないで生きていられるようになると、生きる喜びをより強く感じることも可能になり、自分で自分の人生をコントロールして、より幸せに生きることも可能になるのだと思います。

 

021